ホーム > 新着記事 > プレッシャーに強くなる栄養素とは!? NEWS&トピックス

プレッシャーに強くなる栄養素とは!? NEWS&トピックス

フィットネス業界の最新ニュースやトレンド情報を発信!からだプロ注目のキーワードやグッズ情報もお届けします!

今回はプレッシャーに強くなる栄養素について、東京海洋大学 サラダサイエンス(ケンコーマヨネーズ)寄附講座 特任助教 松田さんにインタビューしました。

松田様写真

■取材班/吉田勇気 プロフィール
Web
・18歳でプロボクサーの経験を持ちながら、社会人サッカーチームを立ち上げ、天王杯千葉県大会ベスト8まで進出。
・その後、フィットネスクラブで集団指導、個別指導を経験。
・プロアスリート、日本代表アスリートの指導実績を持ち、現在もボランティアで指導を継続中。

 

■吉田
松田さん、本日は宜しくお願いします!
■松田
こちらこそ宜しくお願いします!

第1章~プレッシャーに強くなる栄養素~

■吉田
今日のテーマは「プレッシャー」についてお尋ねしたいと思います。
私自身もアスリート時代にプレッシャーを強く感じていた記憶があります。
自分自身では程良い緊張だとは思っていても、平常心とは違うために攻撃的になり過ぎたり、警戒し過ぎたりと、いつもとは違った状態になっしまい、思い通りに体が動かなかったという経験があります。
プレッシャーは私にとっては一時的に「害」でしたが、そんなプレッシャーに抵抗できる栄養素が存在すると耳にしました。
松田さん、それって本当にあるんですか!?

■松田
そういう栄養素はありますよ!“ハッピーホルモン”と呼ばれています。
それはセロトニンというホルモンで、セロトニンの分泌を促進すると、プレッシャーを感じてしまうネガティブな思考の改善を手助けしてくれます。
セロトニンの分泌には、トリプトファンという栄養素が必要になります。

■吉田
ハッピーホルモンという名称がかわいらしいですね(笑)
では、実際にトリプトファンの摂取はどのように摂ったら良いのでしょうか?

■松田
バナナやパイナップルが良いです。あと、豚肉やナッツなんかもお勧めですよ。

■吉田
トリプトファンは必須アミノ酸※1だから、トリプトファンだけ摂取してもダメですよね?
※1食事から摂った必須アミノ酸(9種類)には、余るアミノ酸と不足するアミノ酸が出てきます。たんぱく質が合成されるときには、すべての必須アミノ酸がそろったところまでしか利用されません。

■松田
そう!よく知っていますね!なので「アミノ酸スコア」の高いものを摂取する必要があります。
牛乳や大豆はアミノ酸スコア※2が高いので、牛乳+バナナ+黄粉をシェイク!これがお勧めですよ~。
食前や運動後のプロテイン代わりにも飲むことをお勧めしています。
※2アミノ酸スコア:たんぱく質に含まれる9種類の必須アミノ酸のバランスを数値化したものです。アミノ酸スコアが100の食品は、必須アミノ酸をバランス良く含む食品であると言えます。

 

第2章~日本人の特性~

■吉田
私は毎朝バナナを食べているので、今日から実施してみます!
そもそも、外国人に比べて日本人はプレッシャーに弱い傾向にあると感覚的に感じますが、遺伝子的な由来はあるんでしょうか?

■松田
諸説ありますが、日本人は生まれつきネガティブな傾向にあります。癒し効果ホルモン(セロトニン)を運搬するセロトニントランスポーター遺伝子と呼ばれるものがあります。それには、L遺伝子とS遺伝子の2つのタイプがあります。
L遺伝子が多いほど楽観主義だと言われています。一方、S遺伝子が多いとネガティブだと言われています。
日本人は生まれつき、S遺伝子を多く持つ傾向にあります。ラテン系の方はセロトニントランスポーター遺伝子のL遺伝子を多く持っている為、楽観主義の方が多い傾向にありますね。まだ研究途中の内容ですので、新たな情報が今後出てくると思いますよ!

■吉田
ラテン系の方が楽観的に見えるのはそのせいなんですね。憧れますよね^^。ラテン系ではネガティブ傾向にある日本人も、トリプトファンを継続的に食物から摂取することでセロトニンそのものの分泌量を増やせば、プレッシャーに強くなるんですね?

■松田
そうですね。少なくともストレスに抵抗する体は作れますよ^^。是非、トレーナーの方やアスリートの方にお勧めしてみてください。
今回はトリプトファンについてお話をさせて頂きましたが、セロトニンは「早寝早起き」や「早朝に太陽の光を浴びる」といったことでも分泌を促進できます。基本は健康的である事が一番です。
プレッシャーだけに限った話ではないですが、トレーナーさんはダイエットのためとはいえ、過度な食事制限を促すのはやめてほしいなあと思います。アスリートさんも体重のコントロールとはいえ、過剰摂取や抑止は危険です。

■吉田
私も耳が痛いですが、プロボクシングをやっていたので試合前に3週間で9kg程、減量した事があります。

■松田
3週間で9kgとか信じられません!そんなに体に悪い事をなぜするんですか!?
絶対にダメです。やめてください!

■吉田
はい…もう引退しましたので…。

■吉田
私が叱られたところで締めの質問をさせて下さい(笑)
松田さんの今後の展望を教えて下さい!

■松田
今後は、皆さんが無理な食事制限や過剰摂取をせずに、理想的な体作りを成功させるための有効成分やその調理方法を研究していきたいです。そして、みんな健康的で幸せになって頂ければ本望ですね^^
本日はありがとうございました!

この記事のまとめ

●「セロトニン」はハッピーホルモンと言われ、ストレスなどへの抵抗力がある。
●「セロトニン」を分泌させるには、アミノ酸の「トリプトファン」の摂取が必要!
●「トリプトファン」摂取のお勧めメニューは「バナナ+牛乳+きな粉」をシェイク!

2016年2月14日