ホーム > 新着記事 > 【特別企画!】若手ゴルファーの井上選手と対談!~VOL.13 PART.1

【特別企画!】若手ゴルファーの井上選手と対談!~VOL.13 PART.1

F14EA07A-CB89-42F6-9FA9-9FB79181FA06
フィットネストレーナーを始め、スポーツやエンタテイメントなど、様々な業界の第一線で活躍している「からだプロ」へ突撃インタビュー。

第13回目は特別企画として、フロントランナーズVOL.2でご登場頂いた、若手プロゴルファーの井上選手との対談企画です!

からだプロ編集部の吉田は、井上プロのトレーナーとして、ツアープロのゴルファーとして必要な身体作りやスイングなどについてアドバイスを行っていた経験があります。

以前トレーナーとしてアドバイスを行ったことのある立場から、日々行っているゴルフの練習やトレーニング、自身の課題についてインタビューを行ってきました!

【取材協力】
「ゴルフサロンJOKER」
http://homepage3.nifty.com/f-s-f/
千葉県千葉市中央区登戸 1-18-10 千葉OSビル1F

 
IMG_0841
井上 項音士(いのうえ こうじ)
■経歴
11歳より、自宅近くにゴルフ練習場が出来たのをきっかけにゴルフを始め、ゴルフの楽しさを知り、中学3年生の時にプロゴルファーを目指す。
高校時代はゴルフ部に所属し、輝かしい実績を上げ、ゴルフの名門、東北福祉大学に推薦入学。
同大学卒業後、プロテストに見事合格、プロゴルファーとして5年目を迎える。
現在、チャレンジツアーに参戦中。今年はアジアンツアーへの参戦を目指す。
 

■取材班/吉田勇気 プロフィール
Web
・18歳でプロボクサーの経験を持ちながら、社会人サッカーチームを立ち上げ、天王杯千葉県大会ベスト8まで進出。
・その後、フィットネスクラブで集団指導、個別指導を経験。
・プロアスリート、日本代表アスリートの指導実績を持ち、現在もボランティアで指導を継続中。
 
 

~第一章~練習やトレーニングについて

72BA8D7D-64C7-44C9-B08D-78BE76C342D2

■吉田
今日は改めまして…宜しくお願いします!
■井上
こちらこそ宜しくお願いします!なんだか少し照れますね(笑)
■吉田
まあ、そう言わずに(笑)

今日はまず、ゴルフの練習やトレーニングについてお話しをお聞きしたいと思います。
ゴルフは、スキルを上げるためにどういった練習やトーニングをすれば良いのかを判断するのは難しいですよね。
特にアマチュアの方は、練習の仕方がわからないと思います。
練習する時に意識した方が良いポイントはありますか?

■井上
そうですね。スイングのことで悩まれている方は多いと思います。
ゴルフのスイングでは“再現性”がとても大事なのですが、プロだけでなく、アマチュアの方も含めて、どうしても小さい筋肉を使ってしまうケースが多くなるので、同じ動きがしづらくなります。
なので、腹筋や背筋、大臀筋・大腿四頭筋などの大きい筋肉を意識して、身体の軸を使うようにしています。
特にアマチュアの方は、腕などの小さい筋肉で形を作ろうとしてしまうので再現性が低くなります。
たまに、プロのトップの形など、スイングの一部分を真似している方を見かけますが、これはあまり意味が無いです。スイングは一連の動きの中のひとつの動きなので。

下半身とか腹筋・背筋を使って、その動きの結果、上手な人と同じようなスイングの形になるのがベストですね。

■吉田
自分にあったスイングを見つけるのは難しいですよね。
井上プロは、自身で考えられている理想のスイングを作っていく上で、どんなことをしていますか?
■井上
身体の重心の位置でスイングのタイプを分ける“4スタンス理論”というのを学んでいて、積極的に練習に取り入れています。
詳しい説明は別の機会でと思いますが、4スタンス理論※1だとスイングは大きく4つのタイプに分けられて、それぞれのタイプにあった動きをすることで、可動域が広がって安定したスイングをすることができるようになります。
※それぞれ生まれ持った身体的特性があり、それを4種類に分け解明する理論

0209C71D-379C-459F-8E03-4BADF02985FA

 

■吉田
私も4スタンス理論には興味を持っていて、今、色々なスポーツに取り入れられて成果を出していますよね。
4スタンス理論は、からだプロでも取り上げてみたいテーマです。
普段はどんな練習をされていますか?

■井上
普段の練習は主に「スイングを固める練習」と「ピンだけを狙う練習」をしています。
「スイングを固める練習」ではボールがどこに行っても気にしないようにして、スイングを作ることだけを意識するようにしています。「ピンだけを狙う練習」はどんなスイングでもいいから、とにかくピンの近くに打つという練習です。試合が近くなるとルーティンなども意識するようにしていますね。
アマチュアの方は、コースに出る前などはピンを狙うことを重視するのがオススメです。

■吉田
なるほど。練習では課題を絞った方が良いんですね。
トレーニングはどういったことをされていますか?

私が井上プロにアドバイスをさせて頂いていた時は、スコアアップは約束できませんでしたが、スポーツ選手としての能力を向上させる事は、約束していましたね。当時、井上プロは、シングルスクワットや体幹をキープした状態でのプッシュアップすら、出来なかったですよね(笑)
プッシュアップも大胸筋を鍛える意味合いではなく、体幹をキープしたまま、身体をリフトできるか(コントロール)をテーマにやっていましたね。
今はトレーニングしていますか?

■井上
トレーニングに関しては、今もマシンを使うということはあまりしていませんね。
特にアマチュアの人は、自重の体幹トレーニングで十分だと思います。
個人的には、筋トレよりも可動域を広げる目的のストレッチトレーニングの方がゴルフには効果があると思います。
特に肩まわり・腰・股関節などの可動域を広げるトレーニングが良いと思います。

■吉田
可動域を広げるトレーニングとしては、水泳とかコンディショニングマシンなども良いですね。私もプロボクシングをやっていましたが、井上プロにアドバイスをさせて頂いた内容はボクサーにもサッカー選手にも必要な事だと思っています。自分の身体を自分の思うように動かせる事が大切だと個人的に思っています。あとは連動性が大切ですね。

 
■井上
そうですね!アドバイスありがとうございます!(笑)

今、私が吉田さんからアドバイス頂いたように、アマチュアの方でもトレーナーをつけた方が良いと思います。
一人で練習していても、この練習が本当に効果があるのかどうかもわかならいですし。
「練習した感」を求めて、何となく筋トレをしてしまう方も意外と多いと思います。

4A6BFFFF-B79D-40EF-B493-325E4A04174F
 
■吉田
アマチュアの方を含め、ラウンドする時に意識しておいた方が良いことなどはありますか?

■井上
プロについても言えることですが、アプローチとかパターはスコアに直結するので結構大事ですね。
アプローチやパターは、ドライバーやアイアン以上に、色々な打ち方がありますし、様々なシチュエーションに出くわします。
なので、色々な打ち方を覚えたりするのではなく、ひとつ“これだ!”というものを身に付ける方が良いと思います。自分の武器をつくるような感じで。その方がメンタルも安定して、スコアにつながると思います。

アプローチやパターの練習では、スイングを作るとか理論的なものよりも、“感覚を養っていくこと”を意識すると良いと思います。これ位の力だとこれ位の高さや距離が出るんだ~位で良いかなと。
その感覚が壊れてきそうになったら、スクエアに戻ったり、機械的な動きを取り入れたり。そのバランスが大事ですね。

実はゴルフって毎回、同じスイングって絶対していないんです。
先程、再現性という話をしましたけど、パターもラインによって違いますし、雨が降ればグリーンのスピードが変わったりもします。
打つボールによって右側に立つのと左側に立つので、打てる・打てないというのが出てきますしね。あと木の位置であったりとか。
そうしたことを前提として、自分の基本となるスイングからどれだけ対応できるかということが大事になってきますね。

PARRT.2に続く

 

この記事のまとめ

2016年4月3日