ホーム > 新着記事 > 今さら聞けない基礎知識&小ネタ集〜ファンクショナルトレーニング編〜

今さら聞けない基礎知識&小ネタ集〜ファンクショナルトレーニング編〜

More difficult version of sit ups
プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお答えしたいもの。でも広くて深いフィットネス業界、意外と知らないことも多いのでは?そこで、「からだプロ」編集部が、現場で役立つ基礎知識あれこれを伝授しちゃいます。
さあ、あなたもレッツトレーニング!
今回は、「ファンクショナルトレーニング」についてです!

「ファンクショナルトレーニング」とは?

「ファンクショナル」とは「機能的」という意味。身体を機能的にするトレーニング、つまり、動ける身体を作るトレーニングのことを言います。特別な定義があるわけではありませんが、5つの原則に基づいたトレーニングで、体幹部の筋肉を刺激しながらバランス感覚も刺激します。
 

「ファンクショナルトレーニング」のポイント

1. 重力を利用する。
人の身体は、常に地球の重力の影響を受けています。それに耐えられる身体を作ることで、動作の機能は格段に向上します。腹筋を鍛える場合は、例えばプランク(両腕を曲げて、両肘で上半身を支え腰を上げ、そのままの姿勢でキープ)のように、うつ伏せで体幹を鍛えられるトレーニングを行うと効果的です。日常動作の機能を向上させるには、重力へ耐えられる体つくりが大切です。

2. 運動連鎖
キネティックチェーンとも言います。人が動作するとき、多くの筋肉が連鎖します。ランニングでは、力は地面から脚⇒臀部⇒体⇒上枝へと伝達されます。連鎖が途中で途切れないよう、ひとつの筋肉を鍛えるものではなく、複数の筋肉の連鎖を使ったトレーニングが大切です。

3. 3面運動
人間の動きは、ある一面から見ただけでは分析が困難です。例えばランニングをしている人を前方から見たとき、左右のバランスを把握する事はできますが、前後のバランスを把握する事は困難です。更に上から見た時には、ランニングに不必要な体の捻じれなどが生じている可能性もあります。
このように機能的な体つくりには、ある一面のみではなく、3面を考慮したトレーニングメニューが必要となります。

4. 力の吸収と発揮
力をより発揮するには、力の吸収を考慮することも必要です。例えば、「ジャンプ」。
ジャンプをする際には、力は上方向に向いています。上に飛ぶには下にしゃがむ動作をする事により、高くジャンプする事が可能です。このように力の方向とは反対に力を溜める動作によって、効率的で大きな力が発揮されます。ですので、トレーナーは各競技の力の方向性を理解する事も重要です。
 

トレーナーは“正しい動き”と“現状の動き”の差を理解する事が大切です。

アスリートなどに指導をする場合、身体を機能的(正しく動けるように)にする過程で、競技の成績などに悪影響を及ぼすケースもあります。これは、可動域が広がる、力の入れ具合が以前と異なるなどの違和感によるものです。トレーニングメニューを組む際には、試合などの日程を把握し、中期、長期的なトレーニング計画をすると良いでしょう。

 

この記事のまとめ

● ファンクショナルトレーニングは、身体の機能を高める=動ける身体を作るトレーニングのこと。トレーナーは“正しい動き”と“現状の動き”の差を理解する事が大切。
● 「重力を利用する」「運動連鎖」「3面運動」「力の吸収と発揮」の要素を理解する。
アスリートに指導する際は、試合などを考慮し、中期、長期的なトレーニングメニューを組みましょう。

2016年5月5日