ホーム > 新着記事 > 今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~RICE編~

今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~RICE編~

A good First-Aid kit stocked with essential elements
プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお応えしたいもの。でも広くて深いフィットネス業界、意外と知らないことも多いのでは?そこで、「からだプロ」編集部が、現場で役立つ基礎知識あれこれを伝授しちゃいます。
さあ、あなたもレッツトレーニング!

今回は、スポーツなどによるケガや体調変化への応急処置「RICE」についてご紹介します!

RICEとは?

RICE(ライス)とは、応急処置の基本である、
・「REST(安静=ケガをした部分を動かさない)」
・「ICE(冷却=氷などで冷やす)」
・「COMPRESSION(圧迫=包帯などで圧迫する)」
・「ELEVATION(挙上=ケガをした部分を心臓より高い位置に保つ)」
の頭文字をとった用語です。
スポーツをしている時に起こりがちな、打撲や捻挫などに対応できる応急処置の方法です。
RICEによって、痛みの緩和や腫れが進むのを防ぐことができます。
RICEによる応急処置が早ければ早いほど、その後の回復が早くすることもできるので、会員さんがケガをした時など、普段からしっかりと実践できるようにしておきましょう。

RICEの注意点

RICE処置を行う上で注意すべき点は、冷やし過ぎたりたり、圧迫し過ぎたりしないようにすること。
また、RICE処置は、あくまで「応急処置」で「治療」ではありません。RICE処置の後は、必ず整形外科などで医師による診断を行うようにしてください。

RICEのやり方

①「REST(安静=ケガをした部分を動かさない)」
ケガをした後に無理に身体を動かしたりすると、痛みやケガの症状がひどくなることがあります。
患部を動かしたり、体重がかかって患部に負担がかかったりしないように、ケガをした方を座らせるなど、体への負担が少ない姿勢をさせるようにしましょう。

②「ICE(冷却=氷などで冷やす)」
患部やその周辺を氷で冷やし、痛みを軽くします。
ビニール袋の中に氷を入れ、患部にあてるという方法がスタンダードな方法です。
氷をあてているうちに患部やその周辺が無感覚になるので、その時点で患部から一旦ビニール袋を離し、また痛みが出てきたらビニール袋をあてるようにします。
★注意点
冷やし過ぎは凍傷になる恐れがありますので、患部に直接氷をあてないようにしてください。

③「COMPRESSION(圧迫=包帯などで圧迫する)」
捻挫などは腫れがひどくなってしまうと、痛みがひどくなり、治るまでの時間もかかってしまうので、包帯などによる圧迫によって腫れを防ぎます。
伸縮包帯やテーピングなどで患部を圧迫しながら巻きます。
出血を抑える際にも行います。
★注意点
圧迫が強すぎると、血管を圧迫してしまい血流が悪くなったり、神経も圧迫してしまうことがあります。
患部が青くなったりしびれてきたりするようであれば、一旦緩めて、症状が治まるのを待ってから再び圧迫します。
※圧迫している部位や手や足の指などの色や感覚を常にチェックするようにしてください。

④「ELEVATION(挙上=ケガをした部分を心臓より高い位置に保つ)」
患部を心臓よりも可能な限り高い位置に持ち上げることで、内出血を防ぎ、痛みを軽くすることができます。
クッションや枕、イスや台などの上に患部をのせるようにしてください。

 

【この記事のまとめ】

●“RICE(ライス)”とは、スポーツで生じたケガなどに対する応急処置の基本のこと。
●RICE処置を行う際は、冷やし過ぎたりたり、圧迫し過ぎたりしないようにすること。
●また、RICE処置は「治療」ではないので、RICE処置の後は、必ず整形外科などで医師による診断を行うようにすること。

2016年10月3日