ホーム > 新着記事 > 今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~クロストレーニング編~

今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~クロストレーニング編~

one young man runner jogger running jogging in silhouette isolated on white background
プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお応えしたいもの。でも広くて深いフィットネス業界、意外と知らないことも多いのでは?そこで、「からだプロ」編集部が、現場で役立つ基礎知識あれこれを伝授しちゃいます。
さあ、あなたもレッツトレーニング!

今回は、「クロストレーニング」についてです!

クロストレーニングとは?

クロストレーニングとは、自分が専門としている競技以外の競技を練習に取り入れて行うトレーニング方法のことです。たとえば、サッカー選手なら下半身強化のトレーニングが中心になりがちですが、それでは鍛えられる筋肉に偏りが生じてしまいますし、特定の間接や筋肉にばかり負荷がかかるとケガをする恐れもあります。そこで、全く別の種目のトレーニングを計画的に練習に取り入れることで、普段は使わない部分も強化して行くのです。

どんなメリットがあるの?

クロストレーニングのメリットは、大きく2つあります。ひとつは、専門とする競技で使う筋肉以外の箇所を鍛えられること。もうひとつが練習の気分転換・リフレッシュです。自分の競技の練習だけをしているとどうしてもマンネリしてトレーニング効果が上がりませんし、集中力が欠ければケガに繋がる可能性もあります。そうしたことを防ぐためにも、普段はしないトレーニングを取り入れることで気分転換をはかることが必要なのです。
オフシーズンのプロ野球選手がゴルフを楽しむ姿がよく紹介されますが、これも一種のクロストレーニング。レクリエーションのように楽しみながら本来の動きとは違う動きをすることで、体づくりとリフレッシュにつながっています。

あなたにオススメのクロストレーニングはコレ!

クロストレーニングは、自分の競技にない動きを取り入れることが基本です。野球やサッカー、短距離、格闘技など、瞬発系のスポーツをしている場合は、ゆっくりとした動作の水泳が効果的。長距離など、持久系のスポーツの場合は瞬発力が求められる筋トレがオススメです。また、脚の痛みやケガなどでランニングができないという時にも水泳がオススメ。クロストレーニングで、リハビリや、回復力の促進の効果も期待できます。

計画的に取り入れてパフォーマンスアップ!

現在活躍しているトップアスリートには、子どもの頃に複数のスポーツをしていたという人たちが多くいます。プロ野球の大谷翔平選手や元なでしこの澤穂希さんは水泳を、サッカーの本田圭佑選手は水泳、バスケ、野球、卓球と多くのスポーツを経験してきました。クロストレーニングを意識したわけではないにしても、色んな競技の経験から複数の体の機能が育まれ、現在の競技のパフォーマンスに繋がってきたことは間違いなさそうです。
現在、トップアスリートたちの練習に積極的に取り入れられて来ているクロストレーニング。あなたも計画的に取り入れて、効果的なパフォーマンスアップを目指しましょう。

この記事のまとめ

●クロストレーニングとは、自分で行っている競技以外の競技を練習に取り入れる事。
●クロストレーニングのメリットは、普段使わない筋肉を鍛えられる事とリフレッシュが出来る事の2点。
●トップアスリートもクロストレーニングを取り入れている。

2016年12月12日