ホーム > 新着記事 > 今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~プロテイン編~

今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~プロテイン編~


プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお応えしたいもの。でも広くて深いフィットネス業界、意外と知らないことも多いのでは?そこで、「からだプロ」編集部が、現場で役立つ基礎知識あれこれを伝授しちゃいます。

さあ、あなたもレッツトレーニング!

「種類が多すぎてどれを買ったら良いのかわからない」という声が多いプロテイン。原料によって、いくつかの種類に分けられます。それぞれ吸収速度や効果が異なるため目的に応じた摂取を心がけましょう。今回は代表的なプロテインの特徴をご紹介します!

 

牛乳が原材料のホエイプロテイン&カゼインプロテイン

牛乳を原材料に作られているのが、ホエイプロテインとカゼインプロテインです。ヨーグルトの蓋を開けると透明な上澄み液ができている時がありますよね。あの液体をホエイと言い、そこに含まれるホエイタンパクという成分を抽出したものがホエイプロテインです。水溶性で1〜2時間程度で体内にアミノ酸として吸収されやすく、筋肉修復効果が期待できるプロテインで、トレーニング直後の補給に最適です。ただし、摂取をしすぎると脂肪として身体につきやすくなるので注意が必要です。

一方、生乳を構成するタンパク質の80%を占めるのが、カゼイプロテインです。こちらは非水溶性で体への吸収速度がゆっくりしており、満腹感が長持ちします。ダイエット時の間食や運動をしない日のタンパク質補給、就寝前に摂取するプロテインとして最適です。強靭な肉体づくりをしたい時には、動物性タンパク質である牛乳主成分のものを選ぶと良いでしょう。

 

大豆が原材料のソイプロテイン

健康志向の方や、植物性タンパク質を摂取したい方におすすめなのが、大豆のタンパク質の部分だけを粉末にしたソイプロテインです。カゼインプロテインと同様、消化吸収速度が比較的ゆっくりとしているため満腹感が持続するほか、女性ホルモンに似た構造を持つイソフラボンが入っており女性らしいボディラインのキープが期待できます。ただし水に溶けにくいためダマになりやすく、味もそのままではあまり美味しくありません。糖分を加えたほうが飲みやすくなりますが、ダイエット目的の場合は頑張ってそのまま飲むか、量に注意して加えるようにしましょう。

 

この記事のまとめ

●プロテインは、いくつかの種類に分かれます。代表的なものはホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテインの3つ。その違いは主に原材料の違い。
●牛乳を原材料としているのが、ホエイプロテインとカゼインプロテイン。大豆を原材料としているのが、ソイプロテイン。植物性タンパク質を摂取したい時はソイプロテインを。
●吸収が早く、筋肉修復効果も高いホエイプロテインは、トレーニング直後の補給に最適。

2017年1月26日