ホーム > 新着記事 > 会員さんとの付き合い方、みんなどうしてる?~とあるフィットネストレーナーのつぶやき~

会員さんとの付き合い方、みんなどうしてる?~とあるフィットネストレーナーのつぶやき~

現場で起こる困りごとやトラブル。みんなどうやって解決してるの?
とあるフィットネストレーナーが、プロならではの対処法から働き方のヒントまで、徒然なるままにつぶやきます!

今回は、「会員さんから好意を持たれた時の対応」についてつぶやきます^^

フィットネストレーナーはサービス業です。常に、たくさんのお客様(会員さん)と良好な関係を築いていけるコミュニケーションスキルが求められます。
時には、一部の会員さんから過剰な好意を持って頂き、コミュニケーションの仕方に困ってしまったり、悩んでしまった…(もちろん良い意味で^^)、なんていうこともあると思います。
よく耳にするのが、フィットネスクラブのフロントに、特定のフィットネストレーナー宛に何度も電話が掛かってきたり、館内で何度もフロントに呼び出されたり、たくさんのプレゼントを貰ってしまったりして、その対応に悩んでしまうようなケース。
実際に私も、「予約を変更しようかどうか迷ってる」というような内容の電話があり、電話に出ると30分程話に付き合うことになってしまった…ということがありました^^;
どう対応していいか困ってしまった…という方のために、私のトレーナー経験から得た対処法をご紹介します^^

①呼び出しや電話への対応

フロントなどに呼び出されて、長時間にわたって他愛もない話に付き合うことになるケース。
好意を持って頂いているのは本当にありがたいことですが、度々呼び出されてしまうと他の業務に差し支えますし、基本的に全ての会員さんに平等に接しなくてはいけないので、上手く対応しなくてはなりません。
対策としては、相談や悩みを解決したいというよりも、そのトレーナーと会話をすることが目的になっているケースが多いので、呼び出しをした要件や目的を素早く聞き出す事が出来ると良いでしょう。もちろん、相手の気を悪くするような話し方は絶対NGです!
電話の場合も基本的には同じです。稀に、どうしても居留守を使ってしまう…という方もいるようですが、相手も悪気があって電話を掛けてきているわけではないので、居留守を使っても先延ばしをしているだけで解決しません。電話にはきちんと対応するようにしてください。“話が切れない”というトレーナーもいるようですが、お客様の要点を聞き取り、自分なりの結論を出す事が出来れば、そんなに難しい事ではありません。

②プレゼントへの対応

一部の会員さんから、バレンタインや誕生日など、一般的なイベントごととしてのプレゼントは、所属するフィットネスクラブの規定にもよりますが、個人的には頂いても良いのかな…と思います。しかし、基本的にはお断りする方が良いでしょう。
どうしてもお断りが出来ない場合は、
「今回プレゼントを御用意頂いて本当にありがとうございます。ただ、会社としては一応お断りするようにという、つまらないルールがありまして…(汗)。でも、私にとっては特別な物ですので、“今回だけ”ありがたく頂戴いたします。」
と言い、“会社側の人間でもないし、かといってあなた側の人間でもない”という立場であることをさりげなく伝えます。会社側の人間である事を前面に出し、ビジネスライクに言うと憤慨されることもあるので気をつけましょう^^
「上司に怒られてしまいました~(笑)」と冗談ぽく、さりげなく言うのも良いと思います。
相手を思いやりながら“プレゼントを頂戴するのは今回だけ”ということを伝えることができます。

ぜひ、参考にしてください^^

以上、“とあるフィットネストレーナー”のつぶやきでした。

【この記事のまとめ】

●フィットネストレーナーはサービス業。たくさんのお客様(会員さん)と良好な関係を築いていけるコミュニケーションスキルが求められる。
●一部の会員さんから好意を抱かれ、複数回におよぶ、呼び出しや電話などがあった場合は、用件や目的を素早く聞き出すことが良いでしょう。
●会員さんにプレゼントを用意して頂いた場合は、基本的にはお断りすると良いでしょう。どうしても断れない場合は、”今回だけは“とお伝えし、感謝の気持ちと会社のルールをしっかりとお伝えしましょう。

2017年4月13日