ホーム > 新着記事 > 退職・異動によるサービスの低下を防ぐにはどうしたらいいの?~とあるフィットネストレーナーのつぶやき~

退職・異動によるサービスの低下を防ぐにはどうしたらいいの?~とあるフィットネストレーナーのつぶやき~

現場で起こる困りごとやトラブル。みんなどうやって解決してるの?
とあるフィットネストレーナーが、プロならではの対処法から働き方のヒントまで、徒然なるままにつぶやきます!

今回は、フィットネストレーナーの退職や異動によるサービスの低下を防ぐための方法についてつぶやきます^^ 

アルバイトの退職や社員の転勤・異動で、会員さんが流出!?

フィットネストレーナーには、学生やフリーターなど若いアルバイトの方も多くいます。アルバイトの方の多くは、勤めて数年で退職して別の職業に就いたり、社員としてフィットネストレーナーを続けるにしても別の会社に就職する傾向があります。

また、社員として働くフィットネストレーナーにも転勤や異動があります。特に規模の大きなフィットネスクラブになるほどその傾向は強くなるようです。

アルバイトの退職や社員の転勤・異動など、現場のフィットネストレーナーが入れ替わった時に起こりやすい問題が「会員さんへのサービスの質の低下」です。

フィットネスクラブやフィットネストレーナーにとって、会員さんとの関係づくりはとても大切なこと。現場のフィットネストレーナーが入れ替わると、会員さんと一から関係を築かなくてはならず、これまでの良い関係が悪化して顧客満足度が低下し、他のフィットネスクラブへ流出してしまうというリスクも潜んでいます。

どんな会員さんとでも良い関係をつくれるフィットネストレーナーもいますが、逆にそういったことが不得意なフィットネストレーナーもいます。

こうした懸念は、現場のフィットネストレーナーの入れ替わりがある以上、エンドレスに起こることです。

 

店舗独自の研修マニュアルを作成することで、会員さんの満足度を保つ!

では、このような問題を解決するにはどうしたら良いのでしょうか?

私の場合は「しっかりとした研修を行うこと」で、会員さんへのサービスや満足度の低下を防ぐようにしています。しっかりとした研修とは、研修すべき内容やスケジュールなどが、きちんと計画された研修のこと。研修というのは多くの人が関わり、時間も労力もかかります。行き当たりばったりの研修では、習得すべきことが抜けてしまったり、中々終わらなかったりしてしまいがちなので、習得すべきスキルやスケジュールなど、研修内容をこと細かく記載した研修マニュアルを作ると良いでしょう。そうすることで、もれなく・だぶりなく、効率的に必要なスキルや知識を習得させることができます。

フィットネスクラブによっては、全店統一の研修マニュアルが用意されていますが、各店舗の特長や地域によって会員さんの属性やニーズも異なるので、店舗独自の研修マニュアルの作成をおすすめします。研修マニュアルは作り上げるまではとても大変ですが、一度作ってしまえば、研修を効率的・効果的に行えるだけではなく、修正・追記することで、店舗独自のノウハウとして積上げていくことも可能です。

皆さんのフィットネスクラブでも、ぜひ一度、ご検討してみてはいかがでしょうか^^

以上、“とあるフィットネストレーナー”のつぶやきでした。

(取材協力:ダンロップスポーツクラブ綾瀬 駒田 裕紀様)

 

【この記事のまとめ】

  • アルバイトの退職や社員の転勤・異動など、現場のフィットネストレーナーが入れ替わった時に起こりやすいのが「会員さんへのサービスの質の低下」。
  • しっかりとした研修を行うことで、会員さんへのサービスや満足度の低下を防ぐ。
  • 各店舗の特長や地域に合わせた、店舗独自の研修マニュアルを作成する!

 

2017年5月17日