ホーム > 新着記事 > 今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~サスペンショントレーニング編~

今さら聞けない基礎知識&小ネタ集~サスペンショントレーニング編~

プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお応えしたいもの。でも広くて深いフィットネス業界、意外と知らないことも多いのでは?そこで、「からだプロ」編集部が、現場で役立つ基礎知識あれこれを伝授しちゃいます。

さあ、あなたもレッツトレーニング!

今回は「サスペンショントレーニング」をご紹介します。

サスペンショントレーニングとは?

「サスペンショントレーニング」とは、吊り輪のような器具をぶら下げ、重力と自重を活用するトレーニングのこと。
ファンクショナルトレーニングの一つとしてアメリカで生まれ、日本でも今注目を集めているトレーニングです。
吊り輪のようなベルトに手または足の一部をかけ、その反対側の手、足など身体の一部が床についた状態で行います。ウエイトトレーニングのようにマシンを変更することなく、身体のポジションや体位を変更するだけで、非常にたくさんの種類のトレーニングを行うことができます。
自重を負荷としており、常に身体のどこかが床と接した状態で行うので、ウエイトトレーニングと比べて、より日常生活に近い動きでトレーニングが出来ます。そのため、人間が本来持つ機能を向上させる=ファンクショナルトレーニングと言われるのです。
強度も、身体の位置を変えるだけでコントロールできるので、プロのアスリートはもちろん、運動の苦手な方や高齢者の方でも気軽に取り組むことができます。

サスペンショントレーニングの効果

サスペンショントレーニングは、身体を支えたり、バランスを取りながら行う種目がたくさん用意されているので、体幹が鍛えられ、全身を使ってトレーニングすることができます。
更には持久力やバランス力、瞬発力など、様々な運動機能を向上させることもできます。

【この記事のまとめ】

  • 「サスペンショントレーニング」とは、吊り輪のようなベルトをぶら下げ、重力と自重を活用するトレーニングのこと。
  • 身体を支えたり、バランスを取りながら行うトレーニングがたくさん用意されているので、体幹を鍛えると共に、持久力やバランス力、瞬発力など、様々な運動機能の向上にも効果がある。

 

※参照サイト

http://kintorecamp.com/trx-training/
http://shogokoba.com/blog/archives/3031

 

 

2017年6月17日