ホーム > 新着記事 > VO2MAXとは?~今さら聞けない基礎知識~

VO2MAXとは?~今さら聞けない基礎知識~

プロのフィットネストレーナーなら、たくさんの専門知識と経験で、お客様の信頼にお答えしたいものですよね。「からだプロ」編集部が教える、現場で役立つ基礎知識。今回は、今更聞けないキーワード「VO2MAX」についてです。さあ、あなたもレッツトレーニング!

「VO2MAX」ブイオーツーマックス)とは

VO2max

「VO2MAX」は、運動中に体内に取り込まれる酸素の最大量のことをいい、最大酸素摂取量は「有酸素運動能力」を意味し、全身持久力の指標として用いられています。
一言でカンタンにまとめてしまうと「心肺機能」」のこと。
VO2MAXは、日本語で“最大酸素摂取量”を意味し、名称は V = 量(volume)、O2 = 酸素、MAX = 最大限(maximum)に由来しています。
単位は、毎分リットルなどの絶対量、もしくは、mL/(kg・分)などの体重に対する相対量を使用します。

また、有酸素性能力や有酸素性パワーとも呼ばれ、大学の研究や、一流選手の体力測定などにも使われています。
「VO2MAX」は、成長とともに上昇するため、幼少期からの成長過程でいかにトレーニングしてきたかで差がつくと言われています。

「VO2MAX」で適切な運動強度を把握

「VO2MAX」は、一般男性で40ml/kg/分程度、対してオリンピック選手のような一流アスリートともなると80〜90ml/kg/分にもなります。このように摂取できる酸素の限界量は人それぞれ違いますから、その人ができる適切な運動強度を設定しなくてはなりません。「VO2MAX」でその人の運動ポテンシャルを計算し数値化することで、その人ができる適切な運動強度を把握することができますし、どれくらい成長するかも知ることができるのです。

「全身持久力」とひとことでいっても、体の中のさまざまな機能が関わっています。その中でも特に重要なのは「心臓や呼吸機能」「筋肉の酸素消費能力」といったものですが、VO2MAXはこういったものを総合的に見ることができる指標なのです。VO2MAXが高ければ高いほど、粘り強さやスタミナのレベルが高いと判断できます。

人間は運動するときに、呼吸で取り入れた酸素を全身に送ってエネルギーを生み出します。つまり酸素を「体内に取り込んで」「全身に送って」「使う」能力が高ければ高いほどたくさんのエネルギーを生み出せるわけです。

それでは、そもそも「VO2MAXとは何か?」を説明しましょう。

VO2MAXとは、運動中に呼吸によって体内に取り入れることができる酸素の最大容量を、単位時間あたり(1分間あたり)、単位重量あたり(体重1㎏あたり)、どれだけの量(ml・ミリリットル)の酸素を取り入れることができたかで表したものです。言いかえれば、VO2MAXが高ければ高いほど「体重1kgあたりで1分間あたりに使える酸素量が多い=生み出せるエネルギー量が多い=より速く走れる」というわけです。

12分間走で全身持久力の変化を定期的に記録してあげましょう

8cf556c8055b70d56179d6039a33ed40_s

「VO2MAX」の代表的な測定法は、自転車エルゴメーターを用いた12分間走です。最大努力での運動中に採気された呼気ガスを分析し、全身持久力を計算します。スタートした時点を基準に、全身持久力がどれだけ向上したかの推移を記録してあげるようと良いでしょう。

また、VO2MAXの測定の意義は競技者だけに当てはまるものではありません。
最大酸素摂取量が高い人ほど、生活習慣病の発症率が低いと言われていますので、最大酸素摂取量の測定は、体脂肪率などの測定と同様、定期的な測定をする事で信憑性の高い健康指標となると考えてよいでしょう。

トレーナーは、1項目の測定だけでなく、多角的な数値から課題点を洗い出し対策に導けると、より会員様の目標達成に近づく事ができるでしょう!

 

【この記事のまとめ】

●「VO2MAX」は、運動中に体内に取り込まれる酸素の最大量のことをいい、最大酸素摂取量は「有酸素運動能力」を意味し、全身持久力の指標として用いられています。
●「VO2MAX」で、運動ポテンシャルを計算し数値化することで、適切な運動強度を把握することができます。
●VO2MAXの測定は、体脂肪率などと同様、定期的な測定をする事で信憑性の高い健康指標となると考えてよいでしょう。

2015年8月31日